MSCI日本株女性活躍指数 (WIN)


MSCI日本株女性活躍指数(WIN)は、親指数におけるGICS®[1]業種分類の中から、性別多様性に優れた企業を対象にして構築される。職場において高いレベルで性別多様性を推進する企業は、将来的な労働人口減少による人材不足リスクにより良く適応できるため、長期的に持続的な収益を提供すると考えられる。MSCIは、性別多様性を推進する企業へのエクスポージャーを模索する機関投資家をサポートするため、MSCI日本株女性活躍指数[2]を開発した。
 

Key Points
  • 時価総額上位500銘柄(MSCIジャパンIMIトップ500指数)を対象とする。

  • MSCI が新たに開発した性別多様性スコアに基づき、業種内で性別多様性に優れた企業を選別して構築される

  • MSCI ESG リサーチが非常に深刻な不祥事を起こしている、あるいは人権や労働者権利において深刻な不祥事を起こしていると評価する企業は対象外となる

  • 世界最大のMSCI[US1]  の ESG リサーチと指数開発の専門性が利用されている


業種ウェイト


構成銘柄リスト

MSCI日本株女性活躍指数の構成銘柄はこちら

1 国際産業分類基準 (GICS)はMSCIとStandard & Poor’sが所有するものである。 “Global Industry Classification Standard (GICS)”はMSCIとStandard & Poor’sのサービス・マークである

2 指数メソドロジー参照